デスノート(Death Note)英語版と日本語版コミックを両方買って勉強しようとしたのだが・・結果

こんばんは。今日は珍しく英語のお勉強のお話しです。

映画にコミックに大人気のデスノート(Death Note)!

最近も賛否両論がありましたがドラマ化もされ、いまだデスノート人気が健在なことを物語っていますね。

なんと今年2016年10月29日には、ファン待望の映画『デスノート 2016』が放映されることも決まり、またまたデスノート熱気が高まってきています!

 

 

デスノートの英語版コミック(ペーパーバック)で英語の勉強をしてみよう!

そんなデスノートですが、みなさんもコミックお持ちですよね!?

私も日本語版は全巻持っていたのですが、最近世間はグローバル化だグローバル化だと騒がしいのでEnglish Versionに目を付けたのですよ。

 

『僕は新世界の神となる!』(夜神月)

『僕は英語界の神となる!』(ぼく パルえもん)

 

というわけで、好きな漫画の英語版を読んで、勉強した気になってみよう 英語の勉強をしちゃおうっ!って思いつき、英語版のデスノートコミックを購入しちゃいましたw!

 

英語版のコミックは、「ペーパーバック」と言われているもので、日本で言うとコンビニで売ってるちょっと分厚い漫画みたいな感じのものです。

 

ちなみにこんな感じでAmazonでも1冊から売っているので、近頃の子供だったら結構気軽に英語の漫画を購入して勉強しているふり 勉強に励むことができる環境なのがうらやましいですね~

 

 

ちなみに私は、この通り英語版全巻セット『Death Note Box Set (Vol.s 1-13)』なるものを大人買いしちゃいました(笑)

Death Note Box Set (Vol.s 1-13) 英語ペーパーバック

Death Note Box Set (Vol.s 1-13) 英語ペーパーバック

 

私なりに英語版コミックでの勉強の仕方を考えてみた

まず英語版と日本語版の両方のコミックを買い

日本語を読みだすと止まらなくなりそうなので・・・

①英語版のコミックを頑張ってなんとか1巻読む

②次に日本語版のコミックを読んで英語版のよくわからなかったところや気になったセリフを復習してみる

という方法を試してみることに。

 

デスノートはかなり文字が多く、繰り返し同じようなセリフや単語で構成されている漫画であるため、この方法で単語の語彙や言い回しを反復練習して自然と覚えていけるのではないかと考えたのだ。

 

 

さっそく実践してみた結果

 

英語版を1冊読むのに2~3時間 ・・・ かなり脳みそがヘトヘトに~~

 

ちなみに日本語版は30分~1時間で読める。

 

やはり英語力がぜんっぜん足りない私にはかなりの試練のようだ・・

 

でも為になっているのかはわからんが、教科書で英語を勉強しているよりは全然楽しいぞ~!

ひぃゃっほぉ~~😆

 

 

とまぁなんだかんだで、10巻ほどまではなんとか順調に消化。

 

ただ、そこまでだった・・・

 

デスノート恐るべし、なんと10巻より先は

 

いつの間にか日本語版漫画ばっかり読み進めちゃったよ~~~w😳』

 

あろうことか、クタクタに脳みそが疲れきった私は、デスノートの世界に引き込まれ、日本語版を最後まで読んでしまったのだ。。

 

う~ん、これはしまった

 

当初の予定では日本語版を楽しみにとっておき、まずは英語版を頑張って読む計画だったはず。

 

先に日本語版で最後まで読み切ってしまったら、すっかり忘れていたストーリーもまた完璧に頭の中に戻ってきてしまって、もう英語版を読む気力がなくなってしまっている。

 

『僕としたことがっ!』 (相棒 杉下右京風)

 

ん・・ん? お・おっと失礼しました!!

 

すっかり疲れて別の世界からキャラを出してしましました。

 

というわけで、英語版ペーパーバックでの勉強は途中までかなりいい感じでいきましたが、最後の最後で力尽きてしまいました。

 

また少しストーリーを忘れてから、再度英語版を読み直してみようと思います。

 

みなさんも英語の勉強に英語版漫画を読んでみようと思っていたら、日本語版は後の楽しみにとっておき、まずは英語版からしっかり読んでいくことをおすすめします!!

 

英語に楽しくたくさん触れ合うという意味では、結構成功だったので、ご自身が英語を勉強する場合も、中学・高校のお子さんに英語を勉強して欲しい時も、自分の好きな漫画で英語チャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

私が買った、英語版全巻セット『Death Note Box Set (Vol.s 1-13)』はこちら。

コメント