【赤ちゃんの感電対策】かわいいコンセントキャップ(ベビーロディ)を着けてみた

赤ちゃんがハイハイができるようになると、家の中をパタパタ動き回って可愛いですよね❤それと同時に家の中のありとあらゆるモノにも興味を示すようになります。

そんな時期に赤ちゃんにとってちょうど同じ目線の高さにあるのがどの家庭にも必ずある「コンセント」です。一般家庭のコンセントにはAC100Vがきており、万が一感電したら大変危険です😲

赤ちゃんはコンセントが危険とはわかりませんから、例えば半分だけ抜けかかった状態でコンセントプラグの両端を触ると人体に電流が流れ、『ビリビリッ』と強烈な刺激が襲います。(夫は実際にAC100Vに感電したことがあるそうです😫 痛っ!!と思わず声が出てしまったとか。。。恐ろしいですね)

 

大人ならなんとか一瞬で手を離すことができるかもしれませんが、赤ちゃんの場合、最悪感電してそのままの状態から動けなくなってしまうと電流がずっと人体に流れ続け極めて危険な状態となります。

 

これは絶対避けなければいけませんね‼

 

ということで実際に感電した夫が絶対に必要だ!と説得力があることを言うので、わが家は感電対策にコンセントキャップ(コンセントカバー)を購入しました。

かわいいコンセントキャップ

それがこれ「ベビーロディ baby Rody コンセントキャップ」です。とっても可愛いです💖

でも赤ちゃんの安全のためのコンセントキャップなので可愛いからという理由だけでは購入しても意味がありません。そうです、安全かどうかも大事なポイントですよね!

赤ちゃんが外せないか安全性を確かめてみた

実際にコンセントにキャップを取り付けて、赤ちゃんが外せないか安全性を試してみました。

コンセントにベビーロディのコンセントキャップを2つ着けてみた状態がこの写真です。やっぱりかわいいですよね🌻

わが家の赤ちゃんから見ても可愛いのか、早速興味を示してキャップを取ろうとしていましたが、取り外せないのがわかると全く興味を示さなくなりました(笑)

rody_002

 

ちなみにこのベビーロディのコンセントキャップですが、大人が素手で取ろうとしてもなかなか取れません。ではどうやって取り外せるのかというと、キャップの上部に隙間が作られています。それがこの下の写真です。

rody_003

コンセントキャップを取り外すにはコンセントプラグが必要

もしコンセントキャップを取り外したい場合は、この写真のように、キャップの隙間にコンセントプラグを差し込んでグイっと手前に引き出せば取り外すことができます。

rody_004

これなら赤ちゃんは取り外せないので安心です☺可愛いだけでなく赤ちゃんにも安全なのがわかって大満足です!ちなみに「ベビーロディ baby Rody コンセントキャップ」には12個も可愛いベビーロディが入っているのでたくさんコンセントの安全対策ができて助かります😌

大事な赤ちゃんを感電事故から守るためにも、ハイハイの時期になったら準備してみてはいかがでしょうか。コンセントキャップは赤ちゃんが異物をコンセントにいたずらで差し込んでしまうことも同時に防ぐことができるので、まさに一人二役の可愛いベビーロディに感謝です💯👏

コメント